保険切り替え後も、保証内容が同一で安くなるのが一番です。

自己破産の手続きの準備段階で、保険の切り替えを検討していました。
それまでは年払いで契約してましたが、弁護士からいずれ車を手放す時期が来ますと指摘を受け、切り替えることにしました。
まずそれまで月々の負担額が大きかったので、まずこれを下げることにしました。

 

しかし保険は万が一のために入るものなので、いくら安くあげたいからといって保証内容を落としてしまうと、いざという時に取り返しがつきません。

各社に見積もりしてもらいましたが、これまで加入していた保証内容を維持しつつ、料金が最も安く、事故対応満足度を謳っている保険会社を選びました。
基本的には対人対物は無制限なのは当たり前なので、運転者の年齢を限定した際にどの程度安くなるかである程度決まってしまいます。
保険14

あと自己破産でいつ手放すか分からないので、次の点も重視しました。

1.年払いでなく、月払い可能であること。

年払いできるような経済的な余裕がなかったことが原因でした。いつ手放すか分からないのだから、年払い契約は出来ないと判断しました。

 

2.車を手放したあとは翌月からすぐに解約できて、以降の支払い義務がないこと。

車がないのに保険は払いたくないですから、その事も確認しました。

 

3.口座引き落としかコンビニ払いが可能か

毎月払いはクレジットカード払いしか受け付けない会社もあります。自己破産はクレジットカード払いはストップしないといけなかったので重要でした。

 

4.解約したあと保険金を払わず等級を維持できるか

 

ただ解約しただけでは等級は一番下のランクに下がり、いざ再び加入しようとした際に最も高い金額でスタートしなければなりません。
相談したところ、中断証明を発行してくれるとのことでした。

 

これだと保険料を支払うことなく、等級を維持できるということでした。等級維持は最大10年間でした。
まず保険を変更、または解約するときは疑問や不安を整理して、相手がそれらに対して迅速に答えられるかが保険会社の質を見極めるのに大事となります。お互い人間ですから、きっちり考えてから説明すると色んな方法を教えてくれます。