無駄を省いて激安に

以前通勤に使っていた軽自動車ですが、仕事を変えてからはあまり乗らなくなりました。それで、無駄なものをすべて外して本当に必要な部分だけに絞ったところ保険料はかなり安くなっています。スクーターも利用していますが、もう一台の車の保険に特約として付けています。
保険11

自動車の車種は、自家用軽四貨物車です。

バンタイプで、使用目的は「日常・レジャー」を選択しています。初年度登録が平成19年とだいぶ古くなってきたため、車両保険もなしにしてしまいました。もし、破損してしまったら買い替えることにしますが、十分に元は取れています。

 

運転者できる人も絞っています。26歳以上、本人・配偶者限定にしてあります。この車はマニュアル車なので最近では運転できる人も少なくなっています。それで、誰かに貸すということも全くないので、運転者限定はまったく問題ありません。

 

補償内容は、対人、対物とも無制限です。自損事故の保険金額は1500万円、搭乗者傷害は1000万、無保険車傷害保険は2億円と十分な補償だと感じています。

 

また、契約時にいくつかの割引が適用されています。

ゴールド免許割引、インターネットで契約したための割引、証券を発行しないことにし、WEBサイトのみで閲覧できるようにしたための割引がありました。

 

これまで、免許を取得してから一度も事故を起こしたことがないことも保険料が安くなっている理由の一つです。現在20等級となっています。

 

上記の条件で、一年間の保険料が約1万3000円とかなり激安だと思います。保険料を安くするための要素はいくつかありますが、まず他の車の保険との重複がないかを確認すること、本当に必要な部分だけの補償にすることがポイントです。そして、何よりも事故を起こさないことが結局一番大切です。自動車に不具合がないかの点検をしっかりと行なったり、安全運転を心がけたりすることを意識しています。